« こころのページ | トップページ | 一番が好きだったシャイな子供時代 »

社長になりたかった

実家の子供部屋のドアについている白い「社長室」のプレート。社長になりたかったのか……。あの部屋は中学から高校までの6年間しか過ごしていない部屋なので、その時期に、そう思っていたのだと思う。

社長って、なんなのかも知らずに、社長になってしまい、今まで、続いている社長業。続いているっていっても、借金だらけの社長だから、ある意味、図太い神経があればやってられる社長ということか。

一生懸命働くことで、自分の会社を存続させることができないなんて、なんか違うんだと感じてしまう。

今、自分がやっているのは、あきらかに繰り返しの仕事をやっているので、それは違うとわかっているけど……。

それでも、社長。社員がいる社長。みんなの給料を払うために働いているみたいに思えてきて、それが悲しい。

こんな社長になりたかったわけじゃない。


|

« こころのページ | トップページ | 一番が好きだったシャイな子供時代 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499872/9066240

この記事へのトラックバック一覧です: 社長になりたかった:

« こころのページ | トップページ | 一番が好きだったシャイな子供時代 »